2011年11月23日

FUNKIST COLLAVOLUTION tour 2011金沢

オーイエス

やってきました今年最後の金沢

何回も通った金沢今回は初のAZホール

回数はそこまでやってないけど1回1回濃い場面で一緒になる

心優しき奴らFUNKISTのCOLLAVOLUTION tour

リハも澄ませトップバッターでワイラが出陣

駆け抜ける戻らない時間に根こそぎぶっ込んできました

初めて見るお客さんも気づけば踊る踊る

寒さを吹っ飛ばす暑苦しいぐらいの金沢でした

そしてFUNKIST

数ヶ月前に大事なメンバー陽子ちゃんを病気で失い

傷つきどうしょうも無いぐらい悲しかったと思います

しかしそれを微塵も感じさせないステージでの振舞いは

正にプロでした

立ち止まらず陽子ちゃんの分まで音を鳴らし会場中を踊らす

太陽の様に暖かくそして強さと優しさを兼ね備えたバンド

FUNKISTに奮えました

金沢って街から今はもういないが全国へ発信してた大事なバンド仲間

Tickってバンドがいた初代ボーカルのREIGO5

今はもう死んじまっていないのだが

REIGO5の追悼LIVEからずっと家族の様なつき合いをさせてもらってる

REIGO5の母ちゃん筆頭に今回も当然の如く白江家族が応援しにきてくれた

心強いしどうしてもFUNKISTのメンバーを紹介して繋げたかったのだ

DSC_0350.jpg

そして本編が終わりここからCOLLAVOLUTIONが始まる

先ずは俺達の【かくれんぼ】にVoのSAIGOH、ギターは宮ちゃんとヨシロー

そしてベースはジョータローが参加

ステージに立つ11人いや13人 陽子ちゃんやREIGO5もきっと居たに違いない

爆裂するかくれんぼ!!!!!

3人ギターは轟音で激しくオリジナルを圧倒する音圧

所狭しと暴れ回るメンバーとオーディエンス

汗だくで曲が終わっても地獄の様に間奏を繰り返す

正に音楽カオス合宿だ

そしてFUNKISの楽曲【雨の日の秋】を超フリーで決め事無しでやらしてもらった

ここは金沢。。もう誰も歌わないならばとTickのRAINのリリックををここで投下

セッションやら追悼でも後期TiCKメンバーとも散々歌ってきたから

ほぼ自分の詩の様にフローを変え披露

また【雨の日の秋】の楽曲と良くマッチするし

タイトルにも季節は秋で雨もはいってるし

金沢に向う最中雨も降ってたし正にRAINハマる

REIGO5も会場で歌って喜んでるに違いない

そしてラストは極めつけの【BORDER】で大合唱

会場がこんなにも1つになって声を張り上げ超えて行く様は圧巻だったな

コラボリューション嘘の無い

素晴らしい真実のツアーだ

今夜も行くぜい新潟!!!!!

truth_navi.jpg
posted by NAOKI at 10:42| 京都 ☀| ライブ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。