2010年07月20日

リベンジの戦士 時ノ坂夢幻【5】

まるでルーレットでたまたま当ったかの様に
選んだ人間を捕まえて若者の実態を探る時ノ坂先生

今宵もこの空の下
誰かの生態や人間性を面白おかしく
調べてるに違いない

またどこかで逢えたらいいな。。。


時ノ坂 夢幻(トキノサカ ムゲン)

作家。
大正 14年 6月17日京都に生まれる。
昭和42年に自らの戦争体験を赤裸々に綴った
『お芋のつるを食べませう』でデビュー。
主な著書に、戦争責任は誰にあるかを問うた
『悪い奴ほどよく食べる』 『淫乱労働者階級』
『三十路のローライズ』などがある。
過激で赤裸々過ぎる時ノ坂作品は
その全てが自主出版【竹槍出版】であり、
平成一六年の自宅の大火事でその著書の全てが焼けてしまい
時ノ坂作品はまさに夢幻となってしまう。
現在はペンを置き、現代の若者の実態を
独特のインタビュー映像で探る
『時ノ坂夢幻の‘召しませ お芋のつるを食べませう'』
で活躍中。



posted by NAOKI at 22:44| 京都 ☁| 時ノ坂夢幻のお芋の莵を食べませう!!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする